NEWS 事件

壊された「新宿の目」とは誰の作品でどんな意味があるの?撤去噂

投稿日:

新宿の目が壊される

6月中に新宿駅西口地下広場の

シンボル「新宿の目」が、一部破損していたことで

小田急電鉄が被害を訴えていた問題で

20歳代の男性がカバンを投げつけるという場面が

目撃されていたという。

この壊れてしまった「新宿の目」とは。

 

ものすごくヤバい自称九十九神様@yabaitukumogami

新宿の目とは作者は

「 新宿の目(L'OEIL DE SHINJUKU)」

作者は宮下芳子さん。

1969年に彫刻家・宮下芳子

高さ3.4m・幅は10m

瞳が回転して光る構造。

「時の流れ、思想の動き、現代のあらゆるものを
見つめる“目”二十一世紀に伝える歴史の“目”…
もしかすると 遠く宇宙を見っめる“目”かも知れない。
このような多次元の“目”こそ新都心のかなめ
「スバルビル」には最適、と思った」

宮下芳子サイトにてコメント

壊される前からこの「新宿の目」がある

スバルビルの解体は決まっていて

撤去の噂もありました。

 

小田急側は当面このままとしているようです。

 

カバンを投げて破損させた男性というのは

見つかるのでしょうか?

それとも名乗りでるのでしょうか?

 




新宿でハムスター10匹を拾って助けた女性は誰?綺麗で可愛いと評判

 

 

スポンサードリンク



事故現場の献花台って誰が片付けるの?花とお菓子は?問題も多いの?

スポンサードリンク





-NEWS, 事件
-, , , , ,

Copyright© SUKISUGITE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.