NEWS 事件 政治 火災

フーシ派とは?ドローン攻撃でサウジ石油施設大火災 声明文

投稿日:

9月14日:サウジアラビア東部にある世界最大規模の石油施設が

「フーシ派」によるドローン攻撃を受けて大火災が発生しました。

 

9月14日
サウジアラビアの東部Eastern州で14日午前、
国営石油会社サウジ・アラムコ「Saudi Aramco」
の施設2か所がドローンによる攻撃を受け、火災が発生。
内務省が明らかにした。イエメンの
反政府武装組織フーシ派(Huthi)が犯行声明を出した。

内務省は国営サウジ通信を通じ、
「午前4時(日本時間同日午前10時)にアラムコ社の産業セキュリティーチームが、
アブカイク(Abqaiq)とクライス(Khurais)にある施設2か所で、
ドローンがもたらした火災への対応を開始した」と
発表するとともに、「2か所での火災は、火の勢いが食い止められた」と声明を出した。

AFP:https://www.afpbb.com/articles/-/3244494




フーシ派とは?

「フーシ派」とは?

イスラム教シーア派の中で武装的な集団。

「フーシ」はその武装組織の

指導者アブドルマリク・フーシ

からとられ、「フーシ派」とされる。

イエメン内でスンニ派、サヌアの政府軍と

対するために武装を強化していくことになる。

2011:イエメン北西部「サーダ」を制圧

2013:進攻拡大、支配地域以外にも

2015:サヌアの大統領宮殿制圧

ハディ大統領軟禁その後脱出

旧敵サレハ元大統領と連携

イエメンタイズ制圧

2017年:コレラ感染で非常事態宣言

2017年~:周辺国へ弾道ミサイルを発射

 

フーシ(Houthis)ことアンサール・アッラー

イスラム教シーア派の一派ザイド派の武装組織

1990年代:イエメン北部を基盤とするザイード派宗教運動「信仰する若者」が発展

フセイン・バドルッディーン・フーシ師が指揮をとるが2004年死亡

「フーシ派」正式な呼称は「アンサール・アッラー」

現指導者フセインの異母弟であるアブドルマリク・アル・フーシ

引用:ウィキペディア

フーシ派 ドローン攻撃

今回のサウジアラビアの石油基地に火災をおこした

「ドローン攻撃」は以前からフーシ派が用いてきた攻撃法で

われわれが想像する「ドローン」とは違いまるで戦闘機のようです。

スポンサードリンク



スポンサードリンク




福岡市志賀島 軽自動車が倉庫に突っ込む事故 場所はどこ?1人死亡動画有

神奈川県 座間市で住宅全焼 2人死亡の場所はどこ?8月24日4時頃

群馬県伊勢崎市 乗用車衝突 炎上事故 場所はどこ?一人死亡

京都 道路清掃車とタクシーの衝突事故の場所はどこ?被害者は7人

新潟県佐渡市 軽自動車転落事故 場所はどこ? 現場は暗かったか操作ミスか?

パトカー4歳男児 はねて重体 事故 東京都千代田区麴場所はどこ?

埼玉県飯能市飯能で交通事故 親子3人が死亡 場所はどこ?生後6ヶ月の赤ちゃんも

千葉県館山市 布良(めら)海岸どこ? 男性4人が流されて2人行方不明 離岸流事故

ファミリーマートネズミ動画の店の場所はどこ?街でも多いネズミ被害

ノロウイルス検出三重県伊勢市曽根「焼肉ちえ」場所はどこ?21人食中毒で営業禁止

千葉県野田市小4虐待事件献花して手を合わせたいけど場所はどこ?

スポンサードリンク





-NEWS, 事件, 政治, 火災

Copyright© SUKISUGITE , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.